FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島日記7日目。〜屋久島一周の旅①〜

9月7日(土) 晴れ

朝6時。
私は昨日の夕方と同じ場所にいた。

DSC_8578.jpg

DSC_8638.jpg

おはよう、屋久島。
おはよう、宮之浦。

DSC_8665.jpg

DSC_8699.jpg

今日という一日を精一杯生きる。
って、なにかの本で読んだかもしれない...
このフレーズが、今日ほどよくわかる日は今までにない。
私は、今日、屋久島を、一周して、
目に映る景色を、
出会う人々を、
まぶたに焼きつけるんだ!!

自分に言い聞かせるように。
でも心はとてもおだやかで。

朝ご飯も食べずに9時の開店にあわせて
早速レンタカーを借りて。
はやるこころを押さえて
私は地図を助手席において宮之浦を出発した。

最初の目的地は小瀬田にある「旅楽」(たびら)さんの
営むTHE ARTS FACTORYのギャラリーに行った。モデルで
女優のKIKIさんが撮った屋久島や国内外の山の写真が展示されて
いた。とてもやさしい、いい写真。
そして、屋久杉でつくられたギャラリーはとても居心地がよい。
私が尊敬する写真家の柏倉陽介さんの展示は来月でした...
ここで早くも「屋久島ミラクル」が2つ起きる笑
1つは、昨日スノーケリングでご一緒したワキモトさん、シマさんと
偶然にギャラリーでお会いできたこと。
お二人は今日帰るご予定で、飛行機の時間がまだあるのでここに立ち寄った
そう。またお会いできて、お話できてうれしかった。
2つめは、後日になってから知ったのですが
このKIKIさんの写真展、ギャラリー内にあるノートに感想を書いたら、
これまた昨晩ごはんをご一緒させてもらったダイスケさんが
ギャラリーに来てくれて私の名前を発見し、写メを送ってくれた!!
すごいなあ。とてもうれしい出来事でした。

ギャラリーを出たあと、向かった先は尾之間温泉!!
私、温泉大好きなんです...
女湯には地元のおばあちゃんが背中をごしごし、ゆっくり洗って
いる。おばあちゃんの他に誰もいなくて、とても静かで、窓から
木漏れ日が差し込んできてすごく気持ちよかった。
お湯は...あ、熱かった。。。
でも、あら不思議。
お湯から出たあと、すごくさっぱりしてからだがとても軽くなった!!
温泉からエネルギーをいただき、欲ばりな私は足湯にもつかる笑

DSC_8701.jpg


DSC_8709.jpg

気持ちよか〜。
ぽかぽかして、すっかり尾之間温泉に根が張りそうになって
しまう笑
すでに12時をまわっていた。
私にはどーしても行きたい場所があった。
私は尾之間温泉をあとにして、その場所へ車を走らせる。

屋久島の道路は、走りやすくて快適だった。
とても良いお天気で夏が戻ってきていた。
地図に記されている地名が、ぐんぐん通り過ぎていく。
当たり前だけれど、やっぱり自分の足で踏み入れて地名を
確かめ実感するのはいいな。

小瀬田、安房、麦生、尾之間。

ガイドブックで身覚えた地を通り過ぎていく。

平内。
shizuku galleryに到着。
私のいちばん行きたかった場所。
ジュエリーデザイナーの中村圭さんと、奥様で画家の高田裕子さんが
営むとても素敵なギャラリー。
裕子さんは大阪で個展開催のためお会いできなかったが、
中村さんとたくさんお話ができた!!
やわらかな大阪弁を話す中村さん。お人柄もまさにやわらかく、
すがすがしく、やさしい。
お二人は屋久島を旅行して、徐々に滞在期間が延び、いっそのこと
住んでしまおうかということに。
ギャラリー内にはセンスよく展示された中村さんの素敵なジュエリー
と彼が作品を季節のお花とともに撮影した美しい写真が飾られて
いる。


今回、屋久島を旅するにあたってよくある話ですが
「自分にごほうび」を笑 と思っていた。
30代もなかばになって、そろそろ自分らしいジュエリーを
自分で買いたいと思ったのだ。
それはダイヤモンドでもゴールドでもなく。。。
何かもっと自分の肌になじんでずっと愛せていけるような
身近な存在のジュエリーが欲しかった。それでいて、
ちょっと贅沢な感じ。
その私の願いが、中村さんのジュエリーにあったのだ。
旅に出る前、中村さんのウェブサイトでの写真に一目惚れして
しまった。


屋久島の自然をモチーフにしたジュエリー。
季節毎に咲く草花。
中村さんの作品は、「写真」に通じるものがあって
それは、彼がはっとした瞬間、こころが震えた瞬間を大切に
しているところ。

雨上がりの朝、庭先に咲くツユクサの花を見つけたとき。
部屋の中で途切れることのない雨音につつまれているとき。
不意に空を見上げると、そこに満天の星空が広がっていたとき。

中村さんは「胸のトキメキ」をこのように表していた。

私にも、目の前にたたずむちょっとした風景の中に
美しいものは在るって思っていたから
中村さんの気持ちがとてもよくわかった。
それでとうとう「私の」ジュエリーをみつけちゃったんです。

shizuku galleryの目の前に広がる平内の海でとれた
夜光貝のピアス。
しずくの形をしていて、ゆれて、光のあたりかたで
いろんな表情を見せてくれる。
これだ。出会っちゃった。
どきどきしながら、買っちゃいました。
泣きそう笑
屋久島のいきものを、身にまとうなんて素敵。
それに似つかわしい、女性になりたいな。と
少ししゃんとしてしまう。
中村さんの写真を撮らせてもらう。
とても良い笑顔。
ああ、良かったな〜。ホントに良かった。
ここに来られて。中村さんにお会いできて。
次回はご夫婦がそろった写真をぜひ撮らせてもらうことを
約束して、私は中村さんと握手して別れた。
中村さんは私の車が見えなくなるまで
手を振って見送ってくれた。


後日、帰ってきたら
庭にサクラタデが咲いていた。
中村さんの写真を真似して笑

DSC_4598.jpg

私の宝物。
そして「いつでも屋久島においで」とささやいているような
お守りをいただいたような気がした。




















































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

写真、出逢った人々、そしてジュエリーと…ずっと浸っていたい微温湯のような心地よい熱を感じます^_^

大輔さん、素敵なコメントありがとう(*^-^*)ちょうど良い湯加減でした(笑) でも、尾之間温泉はほんっと、熱かったです~(*_*)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。