FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利休忌

昨日は「利休忌」に行ってまいりました。
お茶を習い始めて半年あまり。
千利休、は誰でも一度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。
利休忌とは、天正19年(1591年)2月28日、千利休さんが豊臣秀吉から
切腹を言い渡され、自刃した日だそうです。旧暦のため、現在では
3月27日・28日に利休さんを偲んでのお茶会を催すそう。

400年以上も前に切腹した「茶の湯」の世界を創り上げた利休さん。
お茶の世界では、すべてのよりどころのような、大きな大きな存在。
あんまり昔すぎて、ぴんとこなかったのですが
映画「利休にたずねよ」を観てからです。
利休さんがとても身近に感じられるようになりました。
私の好きな市川海老蔵さんが利休役だったせいもありますが
「侘び寂び」とか敷居の高い、高尚なイメージしかなかった茶の世界が
一椀のお茶を、ただ心をこめて目の前の方に点てる。。。
とってもシンプルだけど大切なことで、いいな、と感じました。


映画の最後。
利休さんの切腹のワンシーンが今でも強く
まぶたに焼きついています。

秀吉は利休さんに強く「嫉妬」していたのでは。
利休さんのやること為すこと、すべてが素敵で、皆を惹き付ける。
自分は天下を取ったしお金も権力もすべて手に入れた。
のに、利休がこわい。
秀吉は他のどの大名よりもきっと利休が怖かったのだと思います。
自分の存在をおびやかす危険な存在。
学校の授業で習ったときは「切腹を命じられた」の一言でしたが
この一行の裏には果てしない秀吉の嫉妬と恐れがうずまいて
爆発しての結果だったのでは。。。と映画を観て思いました。


利休忌では、竹の花入れにみなさんが花を思い思いいけて
床の間の利休像の軸に向かい静かに手を合わせました。
利休さんのために点てられた一椀のお茶と、菜の花。お線香。
利休さんに向かって、お茶に出逢えたことに感謝の気持ちを
こめ、そしてまずはお手前が滞りなくできるようにがんばります。。。
と初心者らしい誓いを立てたのでした笑


それにしても
お茶を身近に感じられるようになったものの
本当に奥が深くて、学ぶことがたくさん。
でもとっても楽しいです。
利休さんも見守ってくれているかな。。。


DSC_0142.jpg

なんとこの季節、雪がふりました。
初釜も雪だったし。。。趣深い初めての利休忌になりました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。