スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィヴィアン

今日はヴィヴィアン・マイヤーについて書こうと思います。

映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」は
ひとりの女性が生涯、世の中に対して自分の作品を発表することなく
約15万枚という膨大なネガと写真を遺していった、その足跡と
彼女の生前の様子や人柄を、関わった人々へのインタビューなどを
通して明らかにしていくドキュメンタリーです。

最大の謎は
彼女が「なぜ作品を世に出さなかった」のか。

恥ずかしいからなのか。
有名になりたいわけではなかったのか。
ただの趣味で、自分で満足していればよかったのか。。。

ヴィヴィアンがもうこの世にいない今となっては
真実を知ることはできません。
ただ、彼女の写真を見ていると、街と、街ゆく人々に対する
まなざしがやさしい。
そしていつも新鮮な驚きで街を撮っていたのだと思います。
写真からヴィヴィアンという人の、らしさが伝わってきます。

映画はインタビューした人たちのヴィヴィアンの印象について
「変人」「ミステリアス」「理解しがたい」...などと話す一方で
「過去に人には決して言えないような体験をしたのではないか」と
想像します。それを裏付けるような証言も多々、出ます。

純粋に、ヴィヴィアン・マイヤーのたどった人生にじょじょに
引き込まれていきます。
本当にリアルなミステリー、です。映画も小説もかなわないような。


ヴィヴィアンは明らかに
生身では社会に、人とのコミュニティーに交わることができなかった。
唯一、カメラを持って街に行き、ストリートの人々や風景を
写すことで社会や広い世界とつながることができたのではないかと
思うのです。ファインダーを通せば、どんな人やものとも心を通わせる
ことができる。
それが純粋に楽しくて、ワクワクする行為だったのかもしれません。
心が「通った!」と思った瞬間
びびっ!ときた瞬間
はっとした瞬間
そこに全てを注いでいるため
プリントや、その後の作業は追いつかなかった...のかも。


良い映画でした。
ビル・カニンガムとは正反対のようでいて、
二人とも似ているような印象を受けました。
写真を心から好きで、たくさん撮っている。
そして本当は心に孤独を、いくつかの闇を抱えている。

でもそれでも撮っていく。
その姿勢が、じわじわと尊敬の念を抱かせてくれます。
まだまだ写真を語るようなことは、おこがましいですが
最後はやはり写真家本人の「らしさ」が写真に出るのだな...と
あらためて実感しました。
生き様とか哲学とか美意識とか。。。
ビルさん、ヴィヴィアンさん、ありがとうございました。
私も原点に帰ってみたいと思います。


DSC_5982.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。