FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えんのしたのちからもち

kutsu-re.jpg


いつも撮影に行くときは、この靴をはいていた。
ソールも厚くて、頑丈で、ここぞ!!というときに私の全体重を
支えふんばってくれた。イヤな汗もしみついただろうに笑


しかしながら、先日ぱかっとサイドの縫い目がわれてしまった。
そのときはじめて、この靴はとてもくたびれているんだと
気づいた。


かれこれ想い返すと8年、9年?くらい現役で走り続けて
きたのでそろそろお休みさせようかと思う。


ふんばれるって、最高。
私の戦友でもあり、えんのしたのちからもち。
あなたのおかげで、いい写真を撮ってきました。
ありがとうねえ〜。
スポンサーサイト

文通?

私は東京に行くとき、
新桐生駅から特急りょうもう号を使います。
駅にはいくつかの駐車場がありますが、私は少し歩いた
ところにある桐生のまちが見渡せる見晴らしの良い駐車場が
お気に入りでかれこれ5、6年はずうっと使っています。

ちいさな箱に、えんぴつと茶封筒。
そう、茶封筒に車のナンバーと車種、日付を記入して
500円を入れるという料金システム!

私はこのシステムがたまらなく好きで
茶封筒の質感といい、どこに管理人さんがいるのか
まったくわからないことといい、えんぴつをチョイス
することといい、もうここから私の東京行きが始まっているのです。


ある夜、東京から新桐生駅に戻ると
私の車のワイパーになにかがはさまっているでは
ありませんか!!

そこにはこんなメッセージが。


DSC_9938.jpg


...これって管理人さんから?
ここから私と管理人さんの文通が始まったのでした。

「管理人様 
おはようございます。今日も1日よろしくお願いいたします。」

「○○○○様(私の車のナンバーで呼んでいる)
今日も1日ありがとうございました。
お気をつけてお帰りください。」


...というふうに、短いけれど元気になる
やりとりが今でも交わされています。
お顔も見たことないし
お名前もわかりません。
男の人なのか
女の人なのかも
わからない管理人さんですが
なんだか文通しているようでわくわくします。

料金箱は郵便ポスト。
ちいさな駐車場。
次の東京行きが楽しみです。












お彼岸に想う

oha-28.jpg



今日は秋のお彼岸でしたね。
お墓参りにでかけようと玄関を出たら
少し空気が冷たく感じて、いっきに秋めいてきたな...と感じました。

お彼岸というと、私はおはぎを思い浮かべます。
以前、近所に住むおばあちゃんにおはぎのつくりかたを
教わりにいきました。日本には、季節や暦の行事におそなえものや
その地域独特の料理がふるまわれたりします。
私はなんにも知らないのでまずは基本から!!ということで
おはぎ修行にでかけたのです。



oha-38.jpg



修行の道はきびしかった...
おばあちゃんのように美しく、速く形を整えられません。
おばあちゃんは今年で90歳ですが、子どものときから家族を
手伝っておはぎをつくっていたそうです。
てことは、おはぎ歴80年近い?くらい??ひええ〜


おばあちゃんのきれいなおはぎと私のいびつな形のおはぎ。
でも教わってよかったと思います。
昔は亡くなった人がお盆やお彼岸でうちに帰ってくるとき、
おはぎや郷土料理でおもてなししたのですね。

残念ながら今回はつくる時間が取れませんでしたが
これからもおばあちゃんや地域の人たちにいろいろ教わりたいと
思っています。こうしてできたおはぎは、その場の温度やおばあちゃんとのお話、
亡くなった人を想う気持ちなどがぎゅっとつまったとてもおいしい
おはぎです。本やネットのレシピには表すことがむずかしい、あいまい
だけれど大切なもの。


わたしのおはぎ修行はまだまだ続きます...。



oha-51.jpg










すくすく育て

DSC_7259.jpg


お宮参りの風景。
赤ちゃんは、ずう〜っと寝ていました。
すやすや、すやすや、きもちよさそう。


DSC_7382.jpg


すこやかに、すくすく育ちますように。
この子が幸せになれますように。






しあわせな1日

DSC_9075.jpg


「がんばろうね!」

ひとあし先にお支度をととのえた新郎様が
新婦様の手をぎゅっとにぎる。


外では、ふたりの入場をたくさんの人たちが待ちわびていた。
青い空と、木漏れ日の美しい秋の日に、
川場村の老舗旅館「渓山荘」でふたりは結婚式をした。
大切な人たちに見守られて。


DSC_5978.jpg


DSC_9282.jpg


おふたりの結婚式は、おおらかでゆったりしていてどこまでもやさしかった。
ここにいるみんなが、のびのびと、川場の空気と水と、
おいしいお料理と音楽をあじわっていた。


写真を撮ることが とってもとっても楽しかった。


DSC_6124.jpg


DSC_9519.jpg





たくさんのありがとうが交わされた1日。
とってもしあわせな1日。
私もおふたりに、「ありがとう!」と伝えたい。




DSC_6414.jpg












はじめまして

こんにちは。
フォトグラファーの辻繭子です。

よく「本名ですか?」と聞かれますが本名です。
ロゴマークにもあるように、おかいこさんのつくる”繭”から
白いきれいな糸がするするとのびていって、いろんな人と
つながっていきたいという想いををこめて、
このホームページとブログをはじめました。

(私の名前をつけてくれたおばあちゃん、そしてロゴをデザイン
してくれたTさん、ありがとう!!)


写真を通して、いろいろな人たちと出会ってきました。
また別の機会で詳しく書きたいと思いますが、写真展をしたときには
たくさんの方が私の写真を見てくれました。
そして頼もしい仲間たちがいつも私を支えてくれます。

これからもいろいろな人に出会い、いろいろな世界を
この目で見て感じて写真を撮っていきたいと思います。

写真をHPのギャラリーにアップしたときや、ワークショップなどのイベント、
お知らせや日々感じたことをつらつらと書いていけたらと思います。
それでは、また〜。


もうすぐ収穫!!






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。