スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィヴィアン

今日はヴィヴィアン・マイヤーについて書こうと思います。

映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」は
ひとりの女性が生涯、世の中に対して自分の作品を発表することなく
約15万枚という膨大なネガと写真を遺していった、その足跡と
彼女の生前の様子や人柄を、関わった人々へのインタビューなどを
通して明らかにしていくドキュメンタリーです。

最大の謎は
彼女が「なぜ作品を世に出さなかった」のか。

恥ずかしいからなのか。
有名になりたいわけではなかったのか。
ただの趣味で、自分で満足していればよかったのか。。。

ヴィヴィアンがもうこの世にいない今となっては
真実を知ることはできません。
ただ、彼女の写真を見ていると、街と、街ゆく人々に対する
まなざしがやさしい。
そしていつも新鮮な驚きで街を撮っていたのだと思います。
写真からヴィヴィアンという人の、らしさが伝わってきます。

映画はインタビューした人たちのヴィヴィアンの印象について
「変人」「ミステリアス」「理解しがたい」...などと話す一方で
「過去に人には決して言えないような体験をしたのではないか」と
想像します。それを裏付けるような証言も多々、出ます。

純粋に、ヴィヴィアン・マイヤーのたどった人生にじょじょに
引き込まれていきます。
本当にリアルなミステリー、です。映画も小説もかなわないような。


ヴィヴィアンは明らかに
生身では社会に、人とのコミュニティーに交わることができなかった。
唯一、カメラを持って街に行き、ストリートの人々や風景を
写すことで社会や広い世界とつながることができたのではないかと
思うのです。ファインダーを通せば、どんな人やものとも心を通わせる
ことができる。
それが純粋に楽しくて、ワクワクする行為だったのかもしれません。
心が「通った!」と思った瞬間
びびっ!ときた瞬間
はっとした瞬間
そこに全てを注いでいるため
プリントや、その後の作業は追いつかなかった...のかも。


良い映画でした。
ビル・カニンガムとは正反対のようでいて、
二人とも似ているような印象を受けました。
写真を心から好きで、たくさん撮っている。
そして本当は心に孤独を、いくつかの闇を抱えている。

でもそれでも撮っていく。
その姿勢が、じわじわと尊敬の念を抱かせてくれます。
まだまだ写真を語るようなことは、おこがましいですが
最後はやはり写真家本人の「らしさ」が写真に出るのだな...と
あらためて実感しました。
生き様とか哲学とか美意識とか。。。
ビルさん、ヴィヴィアンさん、ありがとうございました。
私も原点に帰ってみたいと思います。


DSC_5982.jpg
スポンサーサイト

ビル

写真家の映画を続けて2本、観ました。
「ビル・カニンガム&ニューヨーク」
「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」

今日はビル・カニンガムについて書こうと思います。

ビルはつい最近6月25日に87歳でこの世を去りました。
ニューヨークタイムズ紙の専属フォトグラファーとして、NYのストリートで
個性的なファッション姿の人々を撮り続けました。

日本でいうところの、ホームセンターで2000円くらいの作業着(鮮やかなドラえもんブルー)を
まとい、肩からNikon FM2というカメラを提げ、自転車ですーっと軽やかに街を走ります。
雨合羽は安いのですぐ破れますが、テープで貼り合わせ直して使っています。
いつも、ニコニコ。
楽しそうに、サッとカメラを構えて
サッと撮ります。

私はこれこそ、私の目指す写真のかたちなのだと思いました。

ビルの写真からは、被写体の人々の息づかいや
声や体温までが鮮やかによみがえってきそうです。
刀の居合い抜きのように
一瞬ではあるけれども
相手を受け入れ、相手を愛した証拠がちゃんと写っている。

サッと撮ること、
ビルの自然体なふるまいは相手への敬意の表れなのでしょうか。
本当に粋な感じなんです。
私は被写体に「しがみついて」しまうので。。。
なにか、下心が見えてしまうような...
シンプルに、です。ビルのようにシンプルに、でもしっかりと。


「撮ることが好きで仕方ないんだ」
「きれいに着飾った女性をただ見ていることが好きなんだ」


くしゃーっと満面の笑みで話すビルを見ていると
ビルはとても幸せなんだろうな、と思います。
好きで好きで、仕方ない写真を生涯現役として撮り続けること。
その他は、あまり興味がないこと。(適当なこと)
ちゃんと自分の一番をわかっていて、
それに正直に向き合っていること。


ビルの気持ち良い笑顔に、私も背中を押された思いです。
おそれおおくもビルのカメラ。
私が最初に買った大切なカメラと同じでした。
このカメラで、私もさっそうと、ビルのように良い風を
運べるようなフォトグラファーになりたいと思いました。


0095.jpg

CERRO TORRE

かなりのご無沙汰でした。
もし、このブログを定期的に覗いてくださっていた方がいたら
本当にお待たせしました。
そしてまた読んで頂きありがとうございます。

2014年前半にいろいろと飛ばしすぎたのか、
7月後半から約1か月、体調を崩しておりました。
今は回復し元気になりました。

実は今年、北アルプスの槍ヶ岳に行こうと思っていました。
しかしながら直前での、まさかのダウン。。。
本当に、ぎりぎりまでねばってみましたがダメでした。。。
あのとき、人生で初めて悔し涙を流しました。
高熱で気持ちも少々昂っていたのでしょうか。
槍の穂先に立ちたかった...泣く泣く相棒に夢をたくしました。

それから回復したものの、心の奥深くに何か煮え切らない思い
というか、わだかまる思いが溜まっていました。
すっきりしない、もやもやした感じです。
仕事もして、日常生活も普通に過ごせている。
毎日穏やかで快適である。
しかし!私のなかで何かがもやもやしていたのでした。

そんな中、たまたま出逢ってしまったのです。
「クライマー パタゴニアの彼方へ」(原題:CERRO TORRE)

若きクライマー、デビッド・ラマが南米パタゴニアのセロトーレという
山に果敢にフリークライミング(クライミングで使う様々な
器具を使わず自然の造形のみを生かして登る)で挑むという
ドキュメンタリー映画です。
とにかく、ただの「自然の脅威、素晴らしさ」
を謳ったドキュメンタリーではないのです。
もちろん、セロトーレの持つ”神”的な雰囲気には思わず
この世のものとは思えない果てしない、
近づいてはいけないような気持ちにはなります。
でもこの山(岩峰といったら良いのか。。)を巡る50年間の
クライミングの歴史、そこに携わったクライマー達の物語、
そしてデビッドの挫折と成長、、、がようくわかるのです。
印象的だったのはクライマー達の私欲
(山頂に立ちたい、という気持ち)のために岩肌に
数百のボルトを打ち込み、足場にして登ることに
論争が起こります。
自然を傷つけてまで「制覇」の意味はあるのだろうか?と。
デビッドは声高に叫んではいないものの、黙々と自身の”使命”に
実直になっていきます。
それは、自分は完全にフリーで登頂すること。
3年をかけてセロトーレに挑み、挫折し、中傷され、考え、
考え抜いてシンプルになっていったのかな、と思います。
インタビュー中の彼の瞳は、澄みきっていてなんだかとても
哲学的な雰囲気でした。
外野はいろいろとうるさいですけれど、彼には彼の信念が
あってセロトーレに向き合うたびにそれは確固としたもの
になっていたのでしょうね。そしてどんどんセロトーレに
対して謙虚になっていった。

彼の登ることに対する姿勢、考え方に深く感銘したのと
同時にすごく元気をもらえました。
なんでしょう、わくわくするというか。
こんな気持ち、しばらく忘れていました。
一度っきり体調不良でトライできなかった槍への思い。
セロトーレに登頂できず、なかなかチャンスが巡って
こなかったデビッドの気持ちを重ねていた自分に気づき
ました。
彼は「何を経験するか」が大切だと言いました。
本当にその通りですね。
登れなかったにはなにか、登れなかった理由が
自分の中にあったはずです。
そして映画中、この台詞もすごく印象的でした。
ジム・ブリッドウェルという60〜70年代に活躍した
クライマーの言葉。
「希望はまやかしではかない。希望ではなく信念を持て。」

どのような規模であれ、自然と人間とが向き合い、
そして人間は謙虚な気持ちで自然のなかにおじゃますること。
自分の限界と、弱さと、本当の気持ちに向き合うこと。
自然から何かを学ぶこと。
何を経験したかを知ること。

デビッドの無邪気な、素敵な笑顔。
仲間達との思わず笑ってしまうやりとり。
固唾をのんで、身を乗り出して見守るシーンも。
ひとりのクライマーがアルピニストへと成長していく
物語が実に自然に描かれています。

清々しい気持ちで、映画館を出ました。
あらためて身体を見つめ直し、槍ヶ岳に行きたいと思えた
秋の午後でした(^ ^)

CERROTORRE website↓英語版
CERROTORRE website

クライマー パタゴニアの彼方へwebsite↓
クライマーパタゴニアの彼方へ




孤高の人

久しぶりにとても良い本にめぐりあえました。

新田次郎著「孤高の人」

大正から昭和にかけて活躍した登山家・加藤文太郎の生涯を描いた作品です。
当時、登山はお金持ちの特権のような存在で、
山の道具を買うことやガイドをつけたりするために多くのお金が必要でした。
また関東、関西に分かれ多くの山岳部があり、
そこに属することが当たり前のような流れでした。
少しずつ、一部裕福な社会人や大学生などが
登山に出かけるようになるなか加藤文太郎は、
自分で体験して得た知恵や経験をもとに
山の道具やウェアを手作りしたりしてどこの山岳部に所属することなく
「単独」で山に登り続けました。

実直で、嘘のつけない文太郎。
山を愛し、山に魅せられ山のために自らの生活を律していった
彼の情熱に尊敬の気持ちがわきあがりました。
ときにその、まっすぐすぎる彼の山への想いが
周囲の人々の反感や誤解を生み、
彼の真意とは裏腹にますます孤独になっていってしまう。
物語は文太郎の日々の仕事や生活、
恋や友人とのいざこざや上司の圧力、
そして戦争に向かってゆく世の中を背景に
めくるめく進んでゆきます。

今となっては、アウトドアや登山が大変身近になって
私も登山を楽しんでいるひとりですが
文太郎のように、工夫をしながら一歩一歩道を切り開いて
進んでいく登山は険しい道だけれど幸せそのものなんだろうな
って思います。
針と糸をもってウェアを繕ったり、靴下や帽子の重ね履きを
工夫したり、下宿先の庭で野宿をしてビバークの訓練をしたり。
ヒマラヤへ行く為にこつこつ貯金をしたり。
お金を出せば便利で頭を使わずに道具に頼っての登山ができますが
文太郎は何から何まで、彼の納得いくまで山を味わい尽くしたかった
のだと思うのです。山へ行く準備の段階から実際の登山まで。


加藤文太郎という実在の人そのものに強く
惹かれてしまいました。もし会えることができたら、
「ありがとう!!」って言いいたいくらいすごく
感謝の気持ちがわいてくるというか。。。
それは、彼がこんなふうに今楽しくみんながどこへでも登山が
できるように道を切り開いてくれたことに対しての
感謝の気持ち。
そして彼の生き様がとにかくかっこいい!!と思います。
彼の最期の描写は本当につらかったけれど、
彼の山へのひたむきな想い、しっかりと受け止められました。
私ももっと山へ行く前、登山最中にも感覚を研ぎすまして
山へ行けることの喜びをもっと噛みしめながら安全に登って
ゆきたいと思っています。


blogaduma02.jpg












検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。