スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月山

久しぶりのブログです。

先日、月山に登ってまいりました。
半年ぶりの登山。。
山はすっかり秋の装い。
ここ最近、秋雨が続くなか週末は気持ち良く晴れてくれました。

山に登ると、なにかしら日常では感じないことを
感じさせてくれます。
今回は道、そして自分のこと。

道とは、ふだんいかに私たちが舗装された安全な道を歩けているか
ということです。
登山道は整備されているとはいえ、平らなアスファルトは存在
しません。
私は靴の不具合で、足全体に痛みを抱えながら大変な思いで下山を
しました。でこぼこした大小さまざまな形をした石の上をどんくさく
歩いていきます。というかひきずっている感じ。。。
ひざに負担がかかり、気持ちも「しんどい」のひとこと。
何度、足をくじきそうになったかわかりません。
よろけたり、しりもちをついたり、次の足はどの石に置こうか...
思考回路がまわらずにしばし躊躇した場面もありました。

そして、そんな自分には
全然余裕がない。。。なかった。。です。
人間は、眠い、おなかがすいた、などの欲求が満たされないとき
そして身体的にたいへんな疲労が積み重なったとき。
思いやりや余裕というものを忘れてしまうんですねえ。。
私もそうでした。
下山中は聞こえないくらいの声で、自分に対してなのか。
それとも山に対してなのか。他の誰かに対してなのか。身内に対してなのか。
ブツブツ、グチグチ、イライラ...
静かにわきあがる怒りをぶちまけていました。
そんな自分を醜いと思いながらも、ブーブー言い続け、しかめっつらになり、
そして黙る。。。


これは修行なのか?
月山の神様が私に与えた試練?
なんて思ってみたり。
でもそうだったみたいです。
地獄のように、足をひきずりながらやっと駐車場に着いたときには
そしてしずみゆく夕陽を見たときには
「また登ってみたいな」と思っちゃいました。
そう思ってしまう自分にもびっくりです。


アスファルトという文明のありがたさと
自分の弱さ。
そして月山の懐の深さとやさしさに気づかされた
まさに修行のような1日でした。

DSC_5.jpg


スポンサーサイト

谷川スノーシュー

昨日は谷川岳ふもとでスノーシューを楽しんできました。
予定よりもだいぶ早く着いてしまったので、土合駅の地下を探検。
ここ土合駅は日本一のモグラ駅として有名だそうで、
下りホームへ行くには462段の階段を降りていかなければ
ならないのです。
逆を考えると、ホームに着いたら462段上がらなければ
改札に辿り着けない!!

これはかなりの準備運動になるということで、
昇ってみました462段!!
苦しかった。。これは毎日往復したら相当のトレーニングになりますね。。

しかも無人駅なのでそこはかとなく
廃墟感というか、ややコワイ雰囲気が漂っていて修行にもってこいの
空間だと思いました。

DSC_0271.jpg

DSC_0269.jpg


体もあたたまったところで、
土合橋からスノーシューハイキングスタート!!
今日は穏やかに晴れて、風もなく寒さも感じない良い
コンディションでした。

P1110011.jpg

スノーシューは初めてだったので最初はぎこちなかった
ものの、だんだんと慣れてきてリズムも出て気持ち良く
歩いていたとき、ガイドさんが

「見て!!カモシカがいるよ!!」

写真は撮れませんでしたが、
かわいらしいカモシカがじっと私たちを見ていました。
そのすぐ近くに別のカモシカがむしゃむしゃ脇目もふらずに
木の芽を食べています。
カモシカに出逢うことができてラッキーでした。

途中でカワゲラの幼虫を見たり、
木の芽が芽吹いていたり。厳しい寒さのなかにも確かに
生き物の営みがあることを知りました。
そして大きな木(ミズナラなど)の周りにはぽっかりと
大きな穴があいていることがあり、これは木が生きているため
体温であたたまって穴ができるとのことでした。
日常で当たり前に認識している木。
でもこうした冬山ではあらためて「自然はみんな生きている」
ことを実感させてくれました。

P1110014.jpg

美しくそびえたつ
群馬のマッターホルン笑

P1110018.jpg

P1110023.jpg

P1110024.jpg


ぎゅっ、ぎゅっと雪をふむ感触を楽しみながら
歩き歩き立ち止まり、自然の声を聞き、
おなかが鳴り。。。
お昼休憩場所のマチガ沢まで来ました。
丁度目の前には武能岳が見えています。

そこでガイドさんはスコップを取り出し
雪を掘ってテーブルを作る準備に。男性ツアー客の
みなさんもお手伝い。

P1110030.jpg

待ちに待ったお昼タイム。
あたたかいカップラーメン。山で食べると格別においしい。

P1110034.jpg

お昼のあとは軽く雪合戦。
雪合戦なんていつぶり?かなあ。
意外に燃えてしまい、そして全然、
的(ガイドのくろちゃんとふなっち)に当たらなくて
少々くやしい笑

雪合戦で準備運動もしたところで
もと来た道を引き返すことに。
いくらか気温が上がったために雪は湿って
重くなっていたようすでした。
夏にはこのあたりまでは細い舗道になっていて沢もすぐ
ちかくにあることがわかります。
雪がふると、なにもかもが真っ白に覆われて
きれいだけれどひとりでここに来たら
真っ先に迷うだろうし、沢に落ちるかもしれないと
思いました。
ガイドさんは「地形を知ることがとても大切」と言っていました。
ここ最近雪山での遭難や事故が相次いでいて
あらためて、山で「行けるんじゃない?」という
感覚だけを頼りにしたなんの根拠もない行動は絶対に慎む
べきだと思いました。
その場所の地形を知る、気候を知る、生態系を知る。。。
山に行くといつも、自分の無知を思い知らされます。
そしていつも無事に帰ってこられたことに感謝し
ちょっとだけ学習するのです。。。


終盤、もう少しでゴールという地点で
誰も足を踏み入れていない新雪のなかを豪快に
歩きました。
おへそあたりまでぶかっと沈み、一度体勢を崩すとなかなか
元通り立ち直るまで時間がかかります。
それでも私たちは、新雪のなかにたおれこんだり
転がったりしながら声をあげて笑って楽しみました。

P1110040.jpg

P1110044.jpg

P1110048.jpg

この雪のなかにたおれこむ気持ち良さ!!
冷たいけれど、ああ、小学生のときやったなあ〜

そして幾度となく斜面をスノーシューで降りていくと
だんだんとコツをつかめてきました。
降りて登って、新雪をかきわけて。
かなり重労働。
新しい道を切り開いて歩いていくんじゃ〜と
パイオニア気分でずんずん進んではコケてみたり笑

最後は簡易すべり台で勢いよく斜面をすべり
これもとっても気持ち良かった!!


ただスノーシューで歩くだけではなく
谷川の生態系をかいまみられたことや、
危険な箇所を教えてもらえたこと、
雪のテーブル作りや雪合戦、滑り台などの
子ども心をよみがえらせてくれた遊びもできて
本当に楽しい1日となりました!!
真っ白な世界に覆われた森の中を歩くってとても
すばらしいですね。

ガイドをしてくださったモンベル長瀞店のくろちゃん、ふなっち
本当にありがとうございました!!























会津磐梯山は宝の山だった

10月初旬は山にとっては紅葉の美しい時期。

少し時期は遅いかな?と思いつつも私たちが選んだ場所は
「涸沢」
北アルプス、槍ヶ岳や穂高岳などの中継点として
また紅葉の名所として、シーズンにはものすごい数のテントが
ひしめきあう場所。
テント泊をして夜は星を撮影しよう。
そんなワクワクする計画を立てていた。
が、

台風19号がその夢をさらっていった。
今年は規模の大きな台風、土砂災害が多い。
ちょうど私たちが涸沢へ向かう日に台風は本州を直撃の
予報が出ていた。
こればかりは...仕方なく計画を変更せざるを得なくなった。
そこで、

「磐梯山に登ろう!!」
ということになった。6月に安達太良山に登り次回福島の山へ
登るなら磐梯山、という憧れを抱いていた。
昔、祖母がよく唄っていた民謡は「会津磐梯山」だった。

登山口の木々は美しい紅葉に彩られていた。

001_201410211738344e1.jpg

006.jpg

前回の浅間と同様、天候に恵まれ暖かい。
最初の1時間程の登りも楽しみながら進めた。

024.jpg

025.jpg

この頃になると、硫黄の匂いがたちこめてくる。
そして高度を上げていくとともに、私も徐々に息が上がっていく。
私は上りに弱い。
前回の浅間もそうだったけれど、登り方にも問題があると思う。
疲れない登り方を教えてもらいながら見よう見まねで登る。
う〜ん。難しい。。。
しかしながら、至仏山(尾瀬)や浅間のときの苦しみに比べたら...
歩みはゆっくりと、一歩一歩登っていく。

033.jpg

目の前には磐梯山。
私は下を向きながら息を整えつつ
ゆっくり(かなりゆっくり)登っている。
弘法清水小屋を過ぎて15分くらいしたときだろうか、
携帯電話が落ちていた。
登山道の真ん中に落ちていたので、ひとまず側の岩陰に
置いた。もし、山頂から下りてきてまだ同じ場所にあったら
小屋に届けよう。
そう話し合って私たちは山頂を目指した。

ハアハア言いながら、やっと山頂に着いた!!

047.jpg

360度の大パノラマ。猪苗代湖も見える。
遮るものは何もなく、青空の下、本当に気持ち良い!!

057.jpg

猪苗代湖の他、西吾妻山、安達太良山、そして
雪を冠った飯豊連峰が堂々と姿を見せている。
福島の自然を一望できる、最高のロケーション。
この中で美味しくお昼をいただいた。

写真を撮って、休憩をして存分に山頂での時間を過ごし
下山へ。あの携帯電話のことが頭をよぎった。
そして、電話はまだそのまま置いてあった。
私は電話を手に取り、小屋へ届けようと歩き出したそのとき。

携帯電話が鳴った。
ぎょっとしたが、ひと呼吸おいて出てみたところ
やはり電話の落とし主だった。
ご一緒しているお友達の電話を借りて、かけてきたのだった。
その男性は、弘法清水小屋で待機をしているとのこと。
すぐに届ける約束をして電話を切った。
良かった。。。ちょっとでもタイミングが合わなければ
届けることもできなかったかもしれない。

そして無事に男性に携帯を届けることができた!
男性はお礼させてくださいという。
そんな...と私たちがもじもじしていると
男性は小屋の「なめこ汁」をごちそうしてくれた。

067.jpg

このなめこ汁、、、すごく美味しかった!!
実は行きに小屋を通り過ぎるときに、ちょっと気になって
いたのだ(笑)
願いが通じたのかな(笑)
お麩が入っていて、芯から温まる。
おじさん、ありがとう(^ ^)
お互いに幸せな気持ちになって別れた。

068.jpg

069.jpg

心もからだも温まって、
秋の磐梯山をひたすら歩く。

078.jpg

124.jpg

128.jpg

133.jpg


134.jpg

鮮やかな赤、黄色、緑に彩られた紅葉の道を
心ゆくまで味わいながら歩いた。
どうしてこんな色になるのだろう。
そしてどうしてこんなにもお互いが調和して美しいのだろう。

会津磐梯山は
宝の山よ

祖母の歌声が聞こえてきそう。
本当だ。磐梯山は宝の山だった。
磐梯山の自然、そしてその自然を慕って登ってくる人々との
ひとときのふれあい。

磐梯山に来て、本当に良かった!!
車窓からの磐梯山、
高速からの磐梯山、帰路で車内から見る磐梯山に話しかけたく
なった。
ありがとうね。


そして無事に下山後、温泉で汗を流し
夕暮れの猪苗代湖へ。

146.jpg

161.jpg

ここも”宝”のような光景が広がっていた。
このような美しい夕焼けが見られて、本当にうれしかった。
磐梯山と猪苗代湖を1日で堪能できた、忘れられない山旅だった。































浅間ロングトレイル

日にちが経ってしまいましたが、9月に行った浅間山の
山行についての日記です。
私たちが浅間に行った翌々週に、あの御嶽山の噴火が起きました。
山に登る身としては、本当に自分のことのように悲しく、そして
今後の登山に対する心構えや安全対策を考えさせられた出来事でした。
御嶽山で怪我をされた方、そして亡くなられた方のことを忘れないで
これからも山に登っていこうと謙虚に思いました。


浅間ロングトレイル

9月の半ば、山は夏から秋へ少しずつうつろってゆく
よう。今回は高峰高原ホテル前の登山口から浅間山の
ふもとまでのいくつかの山を縦走していく。

登山口付近の駐車場から見えた景色。
午前7時、雲海が広がり遠く八ヶ岳が。

001_20141021114212620.jpg

穏やかな快晴、空は青く、風もなく、登るには快適な
状況。峠を越えて写真を撮りながら登ること1時間とちょっと。
最初の山、黒斑山(2404m)に着いた。
黒斑山からだんだんと浅間山の姿が迫ってくる。
浅間山をこんなに間近に見るのは初めて。でも
なぜか、少し個性的な友達のような親しみをこの山に
感じていた。
次の山、蛇骨岳(2366m)から見た黒斑山に集う人々。

040.jpg

044.jpg

062.jpg

064.jpg

外国の山には行ったことないけれど、なぜか
日本ではないような感覚になった。
思ったよりスケールが大きくて広大な景色が飛び込んでくる。
蛇骨岳から一望できる嬬恋方面の景色。

071.jpg

蛇骨岳から仙人岳(2319.1m)、鋸岳(2254m)へと
進んでいく。稜線歩きが気持ち良いのは、この青空と爽やかな
風が吹いているおかげ。
このあたりになると大小さまざまな岩、石が転がっている。

081.jpg

095.jpg

鋸岳から先は急なガレ場、"Jバンド"を一気に下る。
ここからまた山の様相は変わり、あたかも北アルプス
(行ったことないけど)のような岩場になってくる。

120.jpg

私たちは下っていったけれど、もちろん上ってくる人も
いる。行き交う人々は皆、かなり苦しそう。数歩進んでは
立ち止まり、上を見上げてハアハアと息を整えている。
その一方で犬を連れて登っている人も。
犬も苦しそうに見えた...

Jバンドを下り前掛山のふもとの高原を歩く。

140.jpg

ここでお昼休憩。浅間山(2568m)がすぐ目の前に。

147.jpg

お昼をいただきながら、目の前の景色を眺めた。
黒斑、蛇骨、仙人、鋸。そしてJバンド。
午前中でアップダウンを繰り返しながら縦走をしてきた。
ここまでの道のりを満足そうに、ふりかえっていた。
相変わらずの青空で、穏やかな気候に少しぽーっとしていた。
そしてどこまでも続く、まだ夏の名残の青空の下、
昼寝をしたい気持ちを抑える。

休憩を終え、再び歩を進めて行く。
ここからが、まさにまさに地獄の始まりだった。。。
地図をもうちょっと前もって確認しておけば良かったのと、
所詮確認してもこれはどうしようもできない、単に私の
体力の問題だと思った。。
黒斑方面に上がってゆくえげつない急登。
後日地図を見ると、そこは「急坂」とだけある。
この2文字だけでは、あの坂の恐ろしさをイメージすることは
できない。。。

果てしなく続くんじゃないか、と思った。
足が腿の付け根から上がらない。
とにかく苦しくて、漫画みたいにハアハアハアと効果音が
出てくるみたいに自分の息づかいが苦しそう。
5歩進んでは立ち止まり、手を腰にあてて上を見上げ
軽く絶望してまたゆっくり進んでいく...を繰り返す。
周りの登山者たちも苦しそう。
ああ、Jバンドでの上りの人たちと同じ境遇であった。
パートナーが心配そうに振り返っては、待っていてくれる。
正直、振り返ると引っ張ってもらっていたから登れたと思っている。
「つ〜〜〜ら〜〜〜い〜〜〜。。。。」
こういう時、心底思う。
「体力のなさ」を...
悔しさと日頃の不摂生を反省するも、
思考よりも何よりも「苦しさ」が勝ってどうにもならない。
一度少しのスペースに座りこんで休憩を取った。

149.jpg

改めて見てみると、ぜいぜいハアハア言いながらもなんとか
登ってきていたのがわかった。

ゆっくりでも一歩一歩登れば、必ず頂上へ着けるのよ

登山家・田部井淳子さんの先週見たインタビューを思い出した。
本当にゆっくりだけれど、その言葉を胸にまた登り出す。
くじけそうになった時、ふと脇に小さな花が咲いていた。

151.jpg

この小さな花にも勇気づけられ、なんとかこの急坂を
登りきることができた!!
もうこの時点で私の山行は終わったくらいに安堵してしまった。
まだまだここから2時間くらい歩いて駐車場なのだけれど。。。
でも、ひとつの大きな「坂」を越えた私はある意味リラックスして
下りの道を楽しんで歩けた。


レベルの差こそあれ、現時点の自分の限界を越えられたことは
大きな自信につながる。
そして、その時の苦しさやつらさを物差しにして、新たな難所に
挑んでいく。そのくりかえしなんだろうな。過信は禁物だけれど
いつでも「坂」を楽しんでトライしていきたいなと思った。
こうして無事に駐車場に着いた私たち。
高峰高原ホテルの日帰り温泉で、疲れを癒すことができた。
今回は本当にお天気に恵まれた。めったにこんなに1日穏やかに
登れたときはないのではないかと思った。
浅間山を巡る山々の縦走、そして秋へと移ろう自然の様子。
全行程9時間のロングトレイルだった。
様々な表情を見せてくれた浅間山の自然にお礼を言って、また
次回は別のルートから登ろう、そしてもっと体力をつけようと
心に誓った私であった(笑)

158.jpg

160.jpg

171.jpg

行程

高峰高原ホテル前→黒斑山→蛇骨岳→仙人岳→鋸岳→Jバンド
→湯ノ平口→急坂→黒斑山→高峰高原ホテル前(9時間)






































安達太良山

ご無沙汰しておりました。

久しぶりに山へ登ってきました。
福島県が誇る百名山、安達太良山です。

あいにくの雨の中でのスタート。
レインウェアとザックカバーが手放せない感じ。。。

P6140108.jpg

悪天候とちょっとの腰痛のため(泣)
ゴンドラから出発でございます。雨にもかかわらず、
土曜日とあってたくさんの人たちが登っていました。

P6140114.jpg

P6140115.jpg

冷たい雨と、強風に悩まされながらも
足下に目をやればかわいらしいお花や高山植物が。
見上げるとまだまだ、雪があるのですねえ〜。

P6140117.jpg

山頂に着いた途端に突風が!!
きゃ〜とばされちゃう!!(笑)ということでさっさと
下山することに。
安達太良山頂の看板が立っているところからすぐ、ちょっとした
岩場をのぼってゆくと本当の頂が待っているのです。
看板ではみなさんがずぶぬれになりながら記念写真を撮っていました。

素敵な山小屋、「くろがね小屋」でひとやすみ。

P6140127.jpg

中に入ると、これまたたくさんの人、人、人。
そして小屋の中央にはあたたかなダルマストーブが。
雨に濡れて、思いのほか冷えてしまったからだがほっと
ゆるむのがわかります。みなさん、美味しそうにカップラーメンや
おにぎりを食べています。

くろがね小屋に入る前に、硫黄のにおいが周辺にただよって
いました。なんと、温泉が湧いていて小屋でも温泉に入ることが
できるそうです。入りたい〜〜〜。

小屋からでも、ぴゅううううううう〜〜〜〜っという
空を突き刺すような風の音が聞こえます。
時刻はお昼をすぎていたので、風を気にしながらもはやめに
小屋をあとにしました。

ふりかえると

P6140131.jpg

目の前は

P6140128.jpg

とても幻想的な風景。
雨ならではの、贈り物です。
この頃からでしょうか。雨はあまり気にならずに写真を
バンバン撮っていました。

そんな私たちの「うきうき」感が空に伝わったのか、みるみるうちに

P6140132.jpg

夏の様な、青い絵の具をばーっと塗ったような
空があらわれました!!!すごい〜〜〜

P6140164.jpg

ここからはもはや林家パー子のようなはしゃぎぶりで
(心の中でね)写真を撮っていました。
やっぱり、山のなかで写真を撮るっていいなあ。
本当に大好き。

P6140173.jpg

P6140176.jpg

P6140194.jpg

そして最後の美しい美しいスポット。

P6140201.jpg

P6140205.jpg

P6140209.jpg

来て本当に良かったなあと思えた瞬間でした。
1日、いろいろな天気が安達太良山のなかで体験できました(笑)
いつも思うことは、何度か書きましたが、
どんな天気でもどんなシチュエーションでも
美しい瞬間はあるということ。
その時その時を楽しみたい、じっくり味わいたいと思いました。

はじめての福島の山。
今回、体力的な不安で磐梯山をパスしてしまったので(泣)
次回は磐梯山に登りたいです!!
うつくしま、ふくしま。ありがとう。
まだまだ登りたい山がたくさんでございます。


















検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。