スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬 2016 秋

週末は尾瀬に行ってまいりました。

1年ぶりの尾瀬。
尾瀬ケ原をゆっくり歩きながら写真を撮り、龍宮小屋で一泊するという
のんびりコースでした。

鳩待峠と戸倉駐車場をバスで送迎してくれた運転手さんのお話によると
今年の尾瀬の紅葉は遅いそうです。
確かにまだまだ緑の葉が大半を占めているようでしたし
色づかずに茶色くなって地面に落ちてしまっているようすも見られました。
くるくる変わる天候と、気温。
ヒトだけでなく、植物たちも調子をくずしているのかもしれないですね。

そうはいっても
やはり美しい尾瀬の景色。
秋だなあ。。。と感じたのは
早朝の静かな静かな尾瀬ケ原に響く鹿の声でした。

奥山に
紅葉ふみわけ 鳴く鹿の
声聞くときぞ 秋はかなしき

百人一首、小学生のときに、わけもわからず覚えていた頃
この歌だけは、情景を思い浮かべることができて好きでした。
この歌を思い出しながら、尾瀬ケ原をゆっくりと歩いていると
なんと贅沢なひとときだろうと感じます。

私たちがゆっくり、満たされた思いで歩くのとは逆に
何度かすれちがった歩荷さんの歩く姿には
規則正しい速さで一歩一歩進んでいっている力強さと
厳しさをただよわせていました。
尾瀬ではヘリコプターと、人(歩荷さん)の力を借りて
物資を運びます。
山小屋でふるまわれる美味しいごはんの食材や、
私たち登山者に必要な行動食や飲み物、備品、などなど。。。
いったいどれくらいのモノたちを背中に背負って
一本の道をひたすら歩き続けるのでしょう。


木道は時とともにだんだんと朽ちてゆきます。
そばには新しい木道に生まれ変わるであろう木材が
積まれ、置いてあります。
これらもヘリコプターで運びます。

美しい尾瀬、楽しい尾瀬、遥かな尾瀬。
たくさんの人々が写真を撮り、
青空や紅葉のなかでお弁当やお菓子を食べ、あたたかいコーヒーを
飲んだりする。
それができる、それを支えているのは
尾瀬に関わる全ての人々のおかげ。
駐車場の案内係さん、バス&タクシーの運転手さん、鳩待峠の人々
山小屋の人々、歩荷さん、トイレのそうじをしてくれている人々、
動植物の保護に関わっている人々、猟師さん。。。
私の想像をはるかに超えて、
本当にたくさんの人々が尾瀬を守って讃えて維持していこうと
がんばってくれているのだと思います。


尾瀬に限らず
ごみを落とさず
小屋のごはんは残さず
品位と謙虚さをもって。

縁の下の力持ちのみなさまに
感謝のエールを送りつつ。
次はいつ尾瀬に行こうかなあ...とわくわくするのでした。


bwDSC_6405.jpg













スポンサーサイト

尾瀬ロングトレイル

昨日は今年初尾瀬だった。

毎年、6月〜8月メインで尾瀬に出かけている。
10月は紅葉目当てで。
すでに尾瀬では紅葉は終わり、至仏山と燧ヶ岳は初冠雪を
記録したそうだ。

友人が北海道で登山にハマり、
ぜひ山へ連れて行ってほしいということで
私のお気に入りの尾瀬に一緒に行くことにした。
今回は尾瀬ケ原ぐるりコース。木道メインの行程だ。

午前4時半に友人を迎えに。
久しぶりの再会。2年ぶりくらいかな?
いつもの人なつこいええ笑顔。
今日を楽しみにしていた。
関越道で沼田ICでおり120号を尾瀬方面へ...がいつもの
コースであった。。。

早朝にも関わらず、このお互いの2年間を振り返りながら
おおいに話が盛り上がる。
お互いいろいろあったんね。。。
わはははは。。。
快適なドライブ。空は明るくなってきて、雲間から太陽が
顔をのぞかせている。
今日も良いお天気だといいな。。。
相変わらず盛り上がっていたら、ん?あれ?えっ?
関越道は「みなかみIC 2km」の看板が。

あれ...
沼田...
ぎゃ〜〜〜通り過ぎた!???

おしゃべりに夢中になって沼田ICをスルーしてしまった(笑)
一瞬、「谷川岳行く?」という雰囲気になったが、いやいや。
まさかのUターン、二人でまた大笑いであった。。。

そんなこんなで最初から予定通りには進まないものの(笑)
戸倉〜鳩待峠間の道路では紅葉がとてもきれいだった!!
こちらまで紅葉が下りてきていたのね。
予想外の紅葉のトンネルに、テンションが上がりまくった!


そして午前8時。無事に鳩待峠に到着。
月曜日ということもあって、登山客はまばら。
肌寒い感じはなく、ウィンドシェルを1枚羽織れば大丈夫な
感じだった。
準備運動をしていよいよ出発!!
まずは山ノ鼻まで歩こう。

PA200001_20141026155701d7c.jpg


前日に雨が降ったようで、地面はぴかぴか光り
滑りやすくなっている。落ち葉が道をうめつくし
雨に濡れた森の匂いがする。
空気も澄み切っていて、とても気持ちがよかった。
友人もご機嫌で映像を撮っていた。
1時間で山ノ鼻に到着。
そして木道を歩き、竜宮までひとまず向かうことにする。

PA200008.jpg

ふりかえると、至仏山。

PA200013.jpg

前を向くと、燧ヶ岳。

歩くと暑くなるくらい、快適な気候だった。
時折吹く風がひんやりとしていて気持ち良い。
私と友は歌いながら木道を進んでいった。

PA200019.jpg

PA200026.jpg

PA200033.jpg

逆さ燧の撮影スポットでは、
波が立って燧が揺れていた。
そんな光景も素敵。

友はスペイン語の通訳をやっていて、
世界中を飛び回っている。
一方で群馬の実家に帰ってきたときは
お父さんの畑をかりて楽しそうに野菜を作る素敵な人。
世界で鍛えた体力と度胸とユーモアを持って
とにかくいい笑顔でいつも居る。
私は彼女といると元気になれるし、
いつもいろいろなことを教えられる。

あっという間に竜宮小屋に着き、軽い休憩とおやつをとって
ヨッピ吊り橋を越え東電小屋でお昼にすることに。

間違えて見晴方面へ行ってしまう。。
ここから福島県という境の橋を越えてやっと気付いて
引き返す(笑)

PA200049.jpg

ヨッピ吊り橋にて。

PA200065.jpg

尾瀬ケ原は紅葉も一段落し、冬支度に入っている
模様。少しずつ、鮮やかな紅葉の世界にグレーと
深い濃い茶色が混ざったような落ち着いた色彩を
見せている。

PA200072.jpg

PA200055.jpg

大好きな白樺の木。
去年竜宮小屋に泊まったときも、上品な、優美な
姿で私たちを出迎えてくれた。

そして東電小屋でお昼休憩。
このあたりから少し寒くなってきて空模様もあやしく
なってきた。

PA200075.jpg

至仏を眺めながら、お弁当をいただきます〜
幸せなひととき。

PA200078.jpg

友の作ってきてくれた煮豆がとても美味しかった。
圧力鍋で炊いたのだって。やわらかくてほんのり
甘みが利いていて。煮豆が上手にできる女って素敵。

帰り道は少しペースを上げて黙々と歩き出す。
そしてとうとう雨が降ってきた。
それでもほとんど休憩を取らずに、雨の尾瀬を楽しんで
歩き続けた。
山ノ鼻から鳩待峠までの道は雨に濡れて
やはりぴかぴかしていてきれいだった。

無事に鳩待峠に到着した頃には午後2時を過ぎていた。
約20kmのロングトレイル。
とっても楽しかった!!

帰り道沿いの紅葉(雨で色が濃くなってこれもきれいだった)
を楽しんで、待ってましたの「花咲の湯」で温泉タイム。
リラックスルーム内のビーズ枕が、とってもやわらかくって
気持ち良くって枕に頭をつけた瞬間に寝た!!

ごはんもここでいただいて大満足。
畳の食堂だったので、このまま根が張りそうだったけど(笑)
なんとか起き出して無事に帰宅。
友も尾瀬を心から楽しんでくれたようで本当に良かった。
次回は至仏山にトライしよう!!ということで
また山好き女子が誕生したのだった(笑)

PA200038.jpg



本日の行程

鳩待峠→山ノ鼻→竜宮→ヨッピ吊り橋→東電小屋
→牛首分岐→山ノ鼻→鳩待峠(約6時間)













OZEの秋。〜2日目。龍宮小屋→山の鼻→至仏山〜

朝4時に起きて、日の出を待った。
日の出の時刻は午前5時40分ころ。
5時ころ、まだ暗い尾瀬の木道をヘッドランプを灯して歩く。
静かな、朝の気配がもう少しでおりてきそうな、でも暗い道。
空気がぴりりと冷たくて、遠くで鹿の鳴き声が聞こえる。
白樺のシルエットがきれい。
なんともいえない世界。
不思議だな〜。夜と朝のはざまに、私たちは尾瀬にいる。
昨日夕焼けを撮っていたカメラマンさんたちは、三脚をかつぎながら
今度は朝焼けの撮影スポットにでかけている。
私も撮りたいけれど、まずはこの目に焼き付けたいな。

しばらく立ち止まっていたら、
だんだんと空が白み始めてきた。
鳥が鳴いてる。

oze252.jpg

燧ヶ岳が、まるで噴火したかのような。
厚い雲に覆われていた。

oze264.jpg

おはよう、尾瀬!!

龍宮小屋のまわりには、朝もやがたちこめていてとても
幻想的だった。
静か。
雲がかかっていて、ドラマチックな朝焼けではなかったけれど
私はむしろこんな朝もやの中に身を置けることが楽しかった。
なんでしょう、この解放感!!
この、あたらしい気分。
毎日こんな気持ちで朝を迎えられたらどんなにいいかしら...


朝食を終えて(やっぱりお米が最高においしかった)
少し急ぎで龍宮小屋を出る。お世話になりました〜〜。

oze269.jpg

今日のメインイベントは至仏登山。
その登山口に立つまでに、まだ1時間半近く歩かねばならない。
ただひたすら、木道を少し早めのペースで歩く。
でも尾瀬には神様がいるから、時々ふとした瞬間に
すばらしい景色を見せてくれる。

oze274.jpg


oze287.jpg


oze294.jpg

立ち止まって、写真を撮って、歩いて、立ち止まる。
をくりかえしてなんとか山の鼻まで到着〜。
で、ここからが問題で、実際に大問題でした...
登り始めはお天気も良かったのだけれど、
だんだんとあたりはガスってきて...
そして、私、早くもバテてしまったのです...(泣)
なのでまったく写真撮れませんでした...
登るのに精一杯!!まさに修行。。。。

まだかろうじて元気だった頃の一枚(笑)

oze306.jpg

遠く遠く、龍宮が見える。
ひゃあ、あんなところから私たちは歩いてきたのね〜。
朝の清々しい気持ちはすっかり消えて(笑)
ぜえぜえ言いながら、ひたすら約3時間登り続けた。
仏も何もあったもんじゃない!!(泣)

山頂はまだかまだかと、足元先15センチくらいを
見つめながら登るけれど
いっこうに...見えない山頂。
ひっぱるなあ〜〜。
それでも、もう少しもう少し...と唱えながら(笑)
一歩一歩ゆっくり登っていった。
ううう、腰が痛いよ〜〜

半泣きでやっとやっと至仏山頂に到着〜〜。
すみません。写真ありません(笑)
感慨にふける間もないほどの人、人、人。
そして...寒ッッッ!!!!
どうやら気温は0度、それ以下の体感温度だったようで...
周りはなんにも見えない。
ただただ冷たい風が吹きつけてきて、雨がふってきて
ひたすらに寒い!!持ってきたアウターを総動員で着込んで
サクッと下山!!

で、ここからもまた修行...
雨で濡れた岩場がとにかくすべるすべる!!
何人かの登山者が足元をすべらせ、派手に転んでしまって
いるのを見かけた。
私もとにかく転ばないように、すべらないようにすっごい
神経を集中させて、おりていった。
きっと眉間にシワよせてコワイ顔してたんだろうな...
風もびゅうびゅう、すごい勢いで吹いている。
帽子が何度も飛ばされそうになる。
ひ〜〜〜、ここは太忠岳か〜〜〜

下りもなにも考えないで
というか、考えられないで
ひたすらに自分の足元に神経を集中させていた。
人間、きっと身の危険を感じると神経が
研ぎすまされて
余計なことを考えなくなって
余計なこともしなくなるのかな。。。

自然は美しい。
本当のことだと思う。

自然はコワイ。
自然は厳しい。
自然は容赦ない。
自然はちっぽけな私のような存在を簡単に消せるほどの
威力を持って時に襲いかかる。


そこのところ、今まで完全に抜けていたな...
屋久島ではちょっと運が良かったというか、
体のコンディションが良かったから悪天候にうちのめされても
なんとか大丈夫だった。
が、今回は!!
自分のコンディションが悪い上に、なんとなくお気楽な
ふわふわした気持ちで登ってしまったんだ。
なんとか、なる。
いいや、なりません!!


久しぶりに忘れていた自然のこわさを
畏れを、思い知らされた。
でも気づかされて良かった。
いつでもこの気持ちを忘れないで自然と向き合っていこうと
思えた。


無事に下山をしたのは午後2時すぎ。
はああああ〜〜〜っ.....ていうのが正直な感想!!(笑)
下山後は温泉に立ち寄って、ごはんを食べる。
しあわせ〜〜〜〜!!

oze310.jpg


こうして二日間の尾瀬の旅は終わった。
私にとって、とてもかけがえのない素晴らしい旅になった。
そしてますます尾瀬が大好きになった。
いろんなことから自由になれて
いろんなことを考えて
また素敵な尾瀬をたくさん発見することができた。
木道ですれちがった人々
撮影スポットを教えてくれたおじさんたち
山小屋でいっしょだった人たち
至仏ですれちがいざまに声をかけてくれた人たち
そして、一緒に尾瀬に行ってくれた大ちゃんに
大きな大きな感謝の気持ちを込めて!!
ありがとうございました(^ ^)



















































OZEの秋。〜1日目。尾瀬ケ原→龍宮小屋〜

紅葉。
夕暮れ。
星空。
朝焼け。
至仏山。

これらを、ぜ〜んぶ撮りたい!!という夢を、ひそかに
もっていた。
尾瀬で。

私の大好きな尾瀬で、よくばりだけれど出会いたいって
ひそかに思っていた。


そして幸運にも先週末に尾瀬に山小屋泊で行くことができた。
初夏から夏にかけての尾瀬行きが続いていたので、
なんとも新鮮な気分。山は深い、秋の色。

oze009.jpg


oze022.jpg


oze031.jpg

雨がふったり、やんだりの不安定なお天気。
でも、どんなお天気であれ、私は満足だった。
雨には雨の良さがあって
雨にしか出逢えない景色があるから。
...なんて素敵に考えてみたりしながら何度もすべりそうに
なったり(笑)

いつもいつも、鳩待峠から山の鼻に至るこの道を歩いていると
「ああ、尾瀬に来たんだなあ...」
って思う。そしていつも良いにおいがする。
今日は、雨と、雨にぬれた葉っぱのにおい。

てくてく歩いていると、かわいらしい花が。

oze042.jpg

あとからわかったのですが
このお花は「マユミ」ちゃんという名前!!

今日は尾瀬ケ原を歩いて、龍宮小屋で一泊する予定なので
ゆっくり立ち止まったり、ごはんを食べたりしようと思って
いた。山の鼻に着いたときにはお昼近く。


oze059.jpg


oze067.jpg

自然の中で食べるごはんって、本当においしい!!
楽しい、おいしい、幸せなランチタイムをとっていると、
空がみるみる晴れてきた!!
よかった〜〜!!
思いがけないプレゼントをもらったような、
なかば晴れることをあきらめていたので
とっても嬉しかった。

おなかも満たされて
てくてくと尾瀬ケ原を歩き出す。

oze081.jpg

青空が、しみるなあ。。。
まさかの青空に、自然と笑みがこぼれる。
気持ちいい〜〜〜〜!!

oze102.jpg

一面の草原をぐいぐい歩いていけるくらい、
気持ちがいい。
思わず両手をわーって広げたくなるくらい。
そして尾瀬らしい素敵な光景に出くわしては何枚も写真を撮る。

oze120.jpg


oze128.jpg

尾瀬のおいしい空気をすっているせいか、
身もこころもすっかり軽やかになって
サクサクと木道を歩いていたら、あっという間に
龍宮小屋に着いてしまった。

小屋にチェックインする前にコーヒー&スイーツタイム〜!!

oze141.jpg


左下に写っているキュートなてるてる坊主は
私の山の相棒、「てる美」です。
屋久島の旅でも一緒で、てる美にはかなり
助けられたのでもはや私にとってなくてはならない
存在(笑)
今日もてる美、いい仕事してくれたな〜。

これまた、自然の中でいただくあたたかいコーヒーと
スイーツが。。。(私はミルクティー)本当に幸せ(泣)
風もおだやかだし、光は昼下がりの独特の黄金みたいな
かがやきを放っていて、ちょっとだけせつないような。
確実に季節はうつろっていて
秋だった。
ちょっとだけ、一か月前の屋久島のことを思い出す。
クロイワツクツクというセミが鳴く、台風もあった
屋久島の夏の終わり。
まったくちがう風土だけれど
なんだかリンクするところがあるみたい。
神様がいるってことかな?

こころもほっこりしたスイーツタイムを経て
龍宮小屋へ。
少し部屋でくつろいでから、夕暮れを見に再び外へ出た。
刻一刻と暮れゆく、尾瀬の空。


oze153.jpg


oze184.jpg


oze163.jpg


木道では、カメラマンの方達が三脚をたてて
今か今かと自分たちの「ベストショット」を待ちわびていた。


こういう時間を持てること。
ただただ、日がのぼったり、しずんだりするのを
誰かと一緒に立ち止まって見られるのって
すごく幸せなことだ。


みんなそれぞれの尾瀬の風景がこころのなかにあって、
いつもちがっていて、
いつもきっと驚いたり、声をあげたり、笑ったり、泣いたり
するんだろうな。
今日の尾瀬の空は、私にとって最高だった!!


oze209.jpg


さあ、明日はいよいよ朝焼けを見て
至仏山に登るんだ〜〜。
龍宮小屋の夕飯は、とってもおいしかった!!
特にごはん。すごくやわらかくてもちもちしていて。
お米大好きな私は、泣きそうだった(笑)


oze237.jpg


金曜の夜の小屋はにぎわっていて、
東京や神奈川など、県外からたくさんの人が尾瀬に来ていた。
お風呂でご一緒だったおばちゃんたちは
私が地元から来たことを聞いて
「いいわね〜〜!!あなた、なかなかこんなにすばらしい
ところ、ないわよ〜。地元に尾瀬があるなんてうらやましい〜」
と言った。
確かに、そうだな〜。
ありがたいことだなあ。熱いお湯につかりながら感謝。

明日至仏山はお天気どうかな。。。
てる美、がんばって〜〜!!
ということで2日目に続きます。



















































MY OZE STORY

夏がく〜れば思い出す〜

DSC_0305.jpg


私は尾瀬が大好きです!!


DSC_0232.jpg

DSC_0302.jpg


仲間たちとの楽しいお茶の時間。尾瀬でのティータイム、そして
お茶会は幸せをかみしめるひとときです。


DSC_0294.jpg


076.jpg


085.jpg


090.jpg


参加できなかったともだちへ。
尾瀬からのたよりを出します。


DSC_0307.jpg


至仏山を登り終えたときの、トレッキングシューズたちの
記念写真。おつかれさま〜。


IMG_0080.jpg

行くたびに、ちがう表情を見せてくれる。
行くたびに、いつも、とっても楽しい!!!

はるかなおぜ〜〜〜ありがとう〜〜〜

038.jpg


















検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。